案件情報詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

依頼者情報

プロフィール画像
Icon_male
依頼者名 株式会社アンドブック
評価平均
 平均:0.0 ( 0件 )
法人/個人 法人

案件情報

案件名 司法書士の先生の著書の案件になります
カテゴリー 家庭とくらし
ライター未経験 不可
案件内容

初めまして。
出版発行元の代表の者です。
今夏~今秋に向けて、標題の内容の書籍を刊行したいと思っております。つきましては、司法書士の業務に多少でもお詳しい方、過去に
ライティングなど経験している方がいらっしゃれば、是非ご応募お待ち申し上げております。
4月下旬にオリエンがありますので、そこに間に合えば、と思っております。何卒宜しくお願い申し上げます。

予算目安 300,000~400,000
募集締切日 2018-04-20
納期 2018-08-31
状態 受付終了
登録日時 2018-04-04 21:35:10

この案件への応募期限は過ぎております。

質問掲示板

ユーザー すけさだ
質問内容 ANDBOOK様

お世話になります。
先ほど、案件応募にエントリーさせていただきました。

現在、社労士として開業するほか、私立大学法学部非常勤講師、ビジネス誌記者をしております。
司法書士については、かつて某大手受験指導機関で司法書士課に籍を置き、不動産登記法などの書籍を書いたことがあります。
入門的なものだけでなく、専門的なものも執筆できますので、ご検討いただければ幸いです。



日時 2018-04-06 19:13:37
依頼者からの回答 すけさだ様

はじめまして。この度はご応募ありがとうございました。
是非1度お会いさせていただきまして、弊社の条件をご提示させていただきまして
そこでご検討いただきまして、最終的に発注という形になればと思います。
ご多忙かと存じますが、今週ご予定を頂戴出来るようでございましたら
お会いさせていただければと存じます。

ご検討のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。
ユーザー switch on
質問内容 ANDBOOK様

早々に返信を頂き、有難うございます。

「専門性の高いものにするのか否かなどは全く読めない」とのこと、理解しました。
もし、「気軽に読める入門編のような内容の書籍」という内容でしたら、
私でもインタビューをしながら書ける可能性が高いと思います。
著者の方と出版の方の意向に添いながら、丁寧に取材を行い、誰もが手軽に楽しめる書籍になるよう尽力させていただきます。

私は日吉近くの場に住んでいますので
御社までの距離はそう遠くありません。
ご縁がありますように。

私は2015年、JOBPORTALに登録しましたが、
今まで積極的に活用してこなかったので
案件に応募する仕方を忘れてしまいました。すみません。
たまたま、昨日久しぶりに見に行き
御社の案件を知った次第です。

私のライター紹介のところに、アドレスが載っています。
何かありましたら、いつでもお声かけください。

御社の司法書士の仕事がうまくいくことを祈っております。
質問にお応えいただき、有難うございました。

インタビューライター/はらだ


日時 2018-04-06 11:25:56
依頼者からの回答 はらだ様

はじめまして。この度はご応募ありがとうございました。
是非1度お会いさせていただきまして、弊社の条件をご提示させていただきまして
ご検討いただきまして、最終的に発注という形になればと思います。
ご多忙かと存じますが、今週ご予定を頂戴出来るようでございましたら
お会いさせていただければと存じます。

ご検討のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。
ユーザー switch on
質問内容 始めまして。
インタビューライターのはらだと申します。
案件を拝読させて頂きました。
質問させて頂きます。
私はブックライターとして書籍を3冊執筆しております。
しかし、残念ながら医療関係、食事関係のものでした。
司法書士の仕事内容は理解していないのですが、
御社が今お考えの書籍は、専門書のような難しい内容でしょうか?
それとも一般の方向けの内容でしょうか?
それによって執筆可能かどうかをしりたくて書かせて頂きました。
もし、一般向けのものでしたら、
今から司法書士関連の勉強をざっとしようかなと考えております。

ブックライターとしてどんどん書いて参りたいので
御社と良いご縁があればと思っております。
よろしくお願いいたします。
日時 2018-04-05 15:00:33
依頼者からの回答 はらださま

初めまして。
この度は弊社募集案件に関してお問合せを頂戴致しまして、誠にありがとうございました。
内容についてですが、4月下旬に著者の方とのオリエンがございます。そこである程度の
方向性が決まると思います。それまでは、専門性の高いものにするのか否かなどは全く読めない感じです。ただ、発行人の私としましては、気軽に?読んでもらえる入門編のような内容の書籍にしたいと思っております。

はらださまへの回答になっているかわかりませんが、その旨、何卒宜しくお願い
申し上げます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP